PTAスローガン
 トップページ > 高校生総合保障制度・団体総合保険・賠償責任補償制度 

高校生総合保障制度・団体総合保険・賠償責任補償制度

県高P連「高校生総合保障制度」について

 県高P連では、任意保険として、生徒の賠償責任補償、傷害補償、病気入院等を補償内容とした「高校生総合保障制度」を立ち上げています。新たにはじまった、1人1台タブレット(パソコン)の弁償費用も補償されます。
 現在、約2,700名が加入しています。
詳しくは、下記の「高校生総合保障制度 ご案内(PDF)」「高校生総合保障制度 補償概要(PDF)」をご覧ください。
 新規加入やご質問等お問い合わせは、パンフレット記載の保障制度係へお尋ねください。


県高P連「団体総合保険」について

 県高P連では、高校生(教職員、保護者)の災害や事故の発生に備えて、「団体総合保険」を平成20年度に発足しました。
 これは、単P毎に加入するもので、生徒の被害補償(事故・病気)、生徒の加害事故補償、PTA活動中の生徒・保護者・教職員への傷害補償などがあります。
 現在、66単P、約24,100名が加入しています。


全高P連「賠償責任補償制度」について

 全高P連では、生徒が加害者になったときの賠償責任補償のための保険制度を立ち上げています。
 単P・学校毎の加入で、現在、県内では約390名が加入しています。
 詳しい内容については、社団法人全国高等学校PTA連合会のホームページを参照して下さい。
 ホームページアドレス http://www.zenkoupren.org/ (※メニュー「賠償責任補償制度」を参照して下さい。)


ページ先頭へ戻る